建築資料館からJw_cadをダウンロードしたいのですね。

広告

建築資料館について

↓4件紹介します。

●建築資料館
http://www.ath.co.jp/

●建築資料館
http://www.ath-j.com/

なぜ2つトップページがあるのかは少し謎です。.comの方が更新日付は新しいので本サイトなのかもしれません。もう一つは副なのでしょうか。

●JWW ( jwcad )ダウンロード建築資料館
http://www.ath-j.com/jw_win/

●建築資料館 jw_win専用掲示板
http://www.ath-j.com/keijiban/jww.html

↓ただ最新版のJw_cadをダウンロードしたい人は、他のサイトに行った方がいいかもしれません。Jw_cadの作者のサイトを紹介します。最新版とバージョン7.11をダウンロードできます。

●ダウンロード
http://www.jwcad.net/download.htm

コンテンツが盛りだくさん

建築資料館では見切れないほどの大量の情報に触れられます。

きっと関心のある情報も見つかる事でしょう。

建築業界の今がわかるかも

掲示板には最新の投稿も載っていたりします。

広告も時節をとらえた物が出ていると思います。

暇な時にいろいろ眺めるといいかも

なかなか忙しい時はじっくりと見る事は難しいと思いますが、暇な時に何か面白い情報がないか探してみるといいと思います。

それにしても掲示板もいろいろあります。

なかなか設置方法がわかっていても、いざサイトに掲示板を作ろうとなるといろいろな事が遮ってできないものです。

私も10年以上前に掲示板サイトを作ろうかと思った事も有るのですが、管理の手間を考えるとできないものです。

簡単にできそうでもできない事ってあるものです。

掲示板は過去ログを探す人にも質問を抱えている人にも強い味方です。

ただ管理人は四六時中、書き込みの内容が頭の片隅から離れられないでしょう。

建築は人の生活するすべてを包み込む物なので、人が関与する分野はすべて精通していなければならなかったりします。

文武両道が求められるのかもしれません。

私は偏ってしまったのでどこへ行っても定着ができなかったのかもしれません。

でも両方を求めたらどちらも中途半端になっていたような気がします。

世の中両方を兼ね備えた人もいるものです。

学生時代を思い出すと見つかります。

でも誰もが持っている道具で勝負するしかなかったりします。

広告